お気に入り

パワーストーンが齎す悪い効果について

長い歴史の中で、パワーストーンはいつの時代においても信仰心が高いものとして扱われています。
その秘められたパワーは、持ち主の潜在能力を引き出したり、不安定な気持ちなどを浄化してくれる作用があります。
いまではパワーストーンの専門店も多く、いろんな形や色柄をした石をみることができます。
安価なものや希少価値が高いもあり、自分に合ったものを選ぶことができます。
オーダーメイドなので、自分の服装、体型、その時の気持ちや願いなどを踏まえて、付けたいものを選ぶことができます。

パワーストーン初めて使用する人の中には、身につけることで何か悪いことがおきるのではと思う人もいます。
自分の思いを込めてつくったものでも不安になる人もいます。
人生の中で、常にいい事と悪いことと悪いことは起きています。
なにか新しいことを始めたときに、悪いことがあると今までと違うことをしたからだと思いこんでしまいがちです。
パワーストーンもそれと同じことでは無いでしょうか。

特にパワーストーンの場合は、自分の気持ちや願いなどを強くするパワーがあります。
それが常にプラスに働いていれば、全く問題はありません。
しかし中には、ネガティブな考えが続いたり、負のパワーが蓄積してしまうとパワーストーンに蓄積してしまいます。
蓄積してしまうと浄化しきれなくなってしまい、本来のパワーストーンの力が発揮できません。
なので毎日しっかり浄化をすることが大事です。

浄化をしないままでいると負のパワーが蓄積してしまい、結果悪いことがおきてしまう可能性が高くなります。
持ち主はお守りとして大事に扱い、身代わりになってくれるような大事な存在だと思うことが大事です。
負のパワーをため込んでしまうことは、パワーストーンにとっても負担をかけてしまうためいい事ではありません。
石それぞれの正しい浄化方法でお手入れをして、常に感謝の気持ちを持ちながら大事に身につけるようにしましょう。

このページの先頭へ