お気に入り

パワーストーンが割れたり色あせた時の対応

今パワーストーンはおしゃれでかわいいものが増えてきました。
女性からの人気の高くなり、パワーストーンの専門店も増えたことで、気軽に購入しやすくなっています。
かわいいものやファッション性が高いものは、ブレスレットやストラップなど常に身につける場合が多いです。

パワーストーンは購入した後はただ身につければいいと思っていしまっている人が多いです。
しかし、本来はしっかりとお手入れをする必要があります。
パワーストーンも天然の石からできているので、長年使用しているうちに変化していきます。
石の色目や風合い、強い衝撃によって欠けてしまうこともあります。

また毎日ブレスレットで身につけている場合、多くの紫外線を浴びます。
紫外線によっては石の色が変化してしまうこともあります。
手は常に使い続けているため、何かにぶつけたりして強い衝撃を与えてしまうこともあります。

手を洗う際には、水にぬれてしまいやすいのも問題です。
水に弱い性質のあり、石の耐久性に問題が発生してしまいます。
そういった変化は毎日お手入れすることで気づくことです。
なのでしっかり石を浄化するというお手入れをしなくてはいけません

そこでもしパワーストーンが割れてしまったり、色があせてしまったときはどうしたらいいのでしょうか。
割れ方にもよりますが、まだ使用できるときとできないと気があります。
気に入っている物の場合、まだ使用できるなら付けていようと思いがちです。
しかし、割れてしまったときは、自分の身代わりになったと思って手放しましょう。
今までの感謝の気持ちを込めて、土の中に埋めて自然に帰してあげましょう。
割れるということは、パワーストーンの役目を果たしたということだととらえましょう。

そして色あせてしまったときは、正しい浄化方法をおこない様子を見るようにしましょう。
石のよって浄化方法は異なり、適した方法があります。
それにしたがって浄化を行いそれでも色があせてしまっている場合は、手放すようにしましょう。
パワーストーンの役目を終えているという意味なので、自然の土に返してあげるようにしましょう。

このページの先頭へ