お気に入り

パワーストーンに念を入れる事の詳細

今のパワーストーンは、ブレスレットやネックレスなどファンション性が高いものが多いです。
常に身につけられ、かわいらしく見えたり、おしゃれな感じに見えるものも増えてきています。
そして自分だけのオリジナルのものを作る人が増えています

石には一つ一つ意味があります。
天然石なので、採掘された地域の特色や色目からの特色などいろんな意味合いが込められています。
その石の思いと、自分の願いごとや夢などの思いをかさねて形にしていきます。
漠然とした夢よりも形ある物をみることで夢を意識して、自然と行動力が上がっていきます。

また人によっては不安や悩みごとの解消が目的の人もいます。
そういう人にとっては、浄化作用や癒し効果がある石、心を落ち着かせたり、感情のバランスを保つことパワーがある石もあります。
身につけることでの安心感や、不安なときにみたり触れたりすることで気持ちが落ち着くと感じます。

このようなパワーストーンは選ぶ石も大事ですが、その石に自分の思いを込めることが大事なります。
その方法のことをよく念を入れるといいます。
念をい入れる方法としては大きく分けて二種類あります。

まず一つ目は自分で念を入れるということです。
初めて自分のオリジナルのパワーストーンが出来上がった時に、作るときのこだわった思いをしっかりと伝えましょう。
あいまいなものではなく、具体的にはっきりした夢や希望を年にりしましょう。
具体的にすることで、自分の行動力もより高まります。

もう一つの方法は、霊能力者や占い師によって行われる念入りです。
パワーストーンを作った際に、一番最初に行う人が多いです。
自分より強い霊力があるため、パワーストーンの力がより高まります。
一度念入りしたものはそのままずっと継続しているため、パワーストーンの力が衰えることがありません。
いくつもの念を入れてしまうと、一つ一つの効果が弱まってしまうので、あまりお勧めではありません。
できれば、一つのものには一つの念入れを行うようにしましょう。
もし違うものに変えたい場合などは、念抜きをしてもらう必要があります。

このページの先頭へ